2008年04月09日

10周年を迎えた浜崎あゆみに奇跡が起きた!左耳の聴力が回復していた

浜崎あゆみ(29)がCDデビューから満10周年を迎えた8日夜、東京・国立代々木
競技場第1体育館で記念公演を行った。
アンコールで1万2000人の観客が代表曲「Who…」を合唱して祝うサプライズが
あり、浜崎は感涙。フィギュアスケートの浅田真央(17)も祝福に訪れた。
また、聴力を失ったとされる左耳もメモリアルデーに向け、回復していたことが
分かった。
ファンからの思わぬ贈り物に驚いて口に当てた左手は、いつしか両目からあふれる
涙を何度もぬぐっていた。スタッフから大判のタオルを渡されるほど、涙は止まらなかった。
1万2000人の大合唱。「Who…」は女子高生の教祖としての地位を決定付けた
アルバム「LOVEppears」(99年11月発売)の収録曲。
♪これからも ずっとこの歌声が あなたに届きます様にと…。
その言葉は、作詞した浜崎がライブでファンへの思いを込めて歌いかけることが多い。
この日は逆に、ファンから「あゆに届きますように」とささげた。

98年4月8日にシングル「poker face」でデビュー。以来、10年間で2000億円以上を
稼いだ。トップを走り続けた心身の疲労は計り知れない。昨年末、体調を著しく崩し、
恒例の年越しライブさえ、一時は危ぶまれた。
左耳も10年間のストレスと無縁ではない。関係者によると「いまも体調は万全ではない」
という。だが、メモリアルイヤーに「自分の精いっぱいの歌声を届けたい」という思いが、
ステージに向かわせた。ライブでは何度も左耳のイヤモニターを入れ直し、関係者も
「どの程度かは分からないが、いまは聞こえているそうです」と話した。

ソース・詳細はhttp://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/04/09/01.html



posted by ココナツ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。