2008年04月19日

福原愛「北京五輪の聖火ランナーになれて光栄です。私は中国を信じています」

東京で完成したばかりのナショナルトレーニングセンターの卓球練習場で15日、日本女子
卓球チームの主力選手の福原愛選手が中国人記者の取材を受けた。

「瓷娃娃(磁器製のお人形)」という愛称で中国の卓球ファンにも親しまれている福原選手
は東北地方なまりの中国語で、「北京五輪の聖火ランナーになることができてとても光栄
です。聖火の日本でのリレーは問題ありません。私は中国を信じています」と語った。
「中国新聞網」が伝えた。
日本のナショナルチームの一員として北京五輪に備えて特訓中の福原選手は、在日本
中国大使館の推薦する聖火ランナー5人のうちの1人に自分が選ばれたことを最近知った。
長野で26日に行われる聖火リレーに参加する。

福原選手は05年卓球世界選手権(開催地:上海)の聖火ランナーも経験している。
当時まだ15歳だった福原選手は「とても火が怖く」、聖火ランナーの喜びを感じる余裕が
なかった。だが今回は違う。
「聖火ランナーになることができて、五輪大会の参加が決まった時よりも興奮しているく
らい」だという。

福原選手はあどけなさの残る顔で、「五輪大会が北京で開催されることでとても得した」
と語る。例えば、開催地の環境に慣れるための適応訓練がいらないこと。
「中国にはすっかり慣れていますから」。そして中国にはたくさんの愛ちゃんファンがいる
ということ。「みんなが応援しに来てくれるのを待っています」。

「人民網日本語版」2008年4月16日
http://www.pekinshuho.com/ztjl/txt/2008-04/17/content_110735.htm



posted by ココナツ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。