2008年06月01日

母の出廷…怒りの貴乃花親方“ケジメの辞職”も

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/06/01/06.html

母の出廷…怒りの貴花“ケジメの辞職”も

 大相撲の貴乃花親方(35=元横綱)は31日、日本相撲協会と北の湖理事長(元横綱)が
八百長疑惑記事を掲載した週刊現代(発行元・講談社)などを相手に起こした民事訴訟で、
母のタレント藤田憲子さん(60)が被告側の証人として認められたことを受け、幹部職の
役員待遇委員および審判部副部長を辞任する意思があることを明らかにした。貴乃花親方と
藤田さんは現在交流はないが、協会と母が対立する事態になった場合は責任を取る考えだ。
予想もしなかった“八百長裁判”の急展開。所属する相撲協会と実母が裁判で対立する
可能性が出てきたことに貴乃花親方は驚き、そして怒りをあらわにした。

 「(被告側の証人となることは)結果的に私と戦うということ。このまま状況が進んでいくので
あれば、私は職を辞さなければいけないと思っております」

週刊現代は昨年の3月10日号で北の湖理事長が現役時代、八百長に関与していたと
報じた。同誌によると、1975年春場所千秋楽の優勝決定戦で、貴乃花親方の父である
大関・貴ノ花(先代二子山親方=故人)に敗れた相撲で八百長を行ったとしている。
貴乃花親方は今回の訴訟には一切関係していないが、藤田さんが被告の週刊現代側の
証人として報道を裏付ける証言を行った場合は、相撲協会と決定的に対立することになる。

 貴乃花親方は藤田さんが先代二子山親方と離婚して部屋を飛び出して以降は交流が
途絶えており、今回の出廷問題に関しても寝耳に水の状況だった。貴乃花親方には何ら
責任はないが「へその緒がつながった母親がそういうことをするということになれば、
理事長にも協会にも迷惑をかけることになる。私がけじめをつけないわけにはいきません」と
覚悟を語った。

 角界を背負って立つと期待される貴乃花親方は、2月に35歳の若さで役員待遇委員の
審判部副部長に抜てきされた。時津風部屋の暴行致死事件を受けて発足した再発防止
委員会の部屋視察では、外部有識者による師匠会での講演会を提案するなど協会を思う
気持ちは人一倍強い。その親方が辞任するような事態になれば、協会にとって大きな
損失となる。貴乃花部屋は2日に5周年パーティーを迎えるが、その直前に起きた
“非常事態”に、部屋関係者も困惑の色を隠せない様子だった。



posted by ココナツ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。