2008年06月01日

川田亜子さん自殺「追い詰めた人間を告発する」と憤る父親の無念 (ゲンダイネット)

娘をここまで追い詰めたのは誰なんだ。できれば、そいつを告発したい――。

26日に亡くなった元TBSアナウンサーの川田亜子さん(享年29)の父親は、こう憤慨
しているという。父親は最初から不信感の塊だったようだ。

「遺体と対面した遺族は変わり果てた姿に絶句していました。ただ、お父さんだけは『ち
ゃんと捜査してくれたのか?』と必死になって警察に食い下がっていたそうです」(関係者)

今後、父親は携帯電話やパソコンのメール、その他遺留品を徹底的に調べた上で、
川田さんを追い詰めた人物と原因を特定し、結論を出す意向と伝えられる。

川田さんは北陸にある実家が大病院を経営していて、白百合女子大出身のお嬢さまと
いわれていた。
しかし、実際には15歳のときに両親が離婚し、その後、父親は再婚したわけありの家庭
環境で育った。父親は精神科医で富山県内で大きな病院とクリニックを経営。
そんな実家と離婚した母親のはざまにいて、亡くなる前は実母に相談に乗ってもらったり
していた。

それだけに、父親としては突然、娘の死を知らされて動揺したはずだし、精神科医として
娘の自殺に納得できない面もあるだろう。真相を追及するのは当然なのだ。

「川田さんはさまざまな悩みを抱えていたとされ、そのひとつが彼女と交際していたと噂
される男性の存在です。ひとりは芸能界の実力者で、これまで数々の女優やタレントと
浮名を流した人物。さらにタレントや俳優の名前も挙がっているし、川田さんがストーカー
に悩んでいたという話もある」(マスコミ関係者)

父親が経営する病院は、日刊ゲンダイ本紙の取材に「一切言えません」と口を閉ざす。
川田さんが最後に何を思ったか。つまびらかにして欲しいと祈るばかりだ。

ソース:http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story/01gendainet07025213/




posted by ココナツ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。