2008年06月01日

クイズ番組ブームの背景、高視聴率&低予算…島田紳助のギャラは500万円

今、テレビ業界は空前のクイズ番組ブームだが、なぜクイズ番組が全盛を迎えているのか。
これまでドル箱だった野球やドラマが落ち込んでいるほか、いくつかの要因があるようだ。

「1週間に放送されるクイズ番組は約30本。もっとも“正統派”は全体の3割程度。残りは、
いわゆる“おバカタレント”が幅を利かせるユル〜イものばかり、業界では、このところ“ねえ、
どこかにおバカタレントいない?”というのがあいさつがわりになっています」(芸能プロ関係者)

それでも問題作りは真剣にやっている。
「たとえば『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』(テレビ朝日)の場合、クイズ作家は100人以上。
彼らが作った問題を一般の人に解いてもらい正解率が50%以上だと、問題がやさしすぎるという
ことでボツ。正解率20〜30%のものを本番で使うようにしています」(テレビ局関係者)
とにかく作家たちは大変で、毎週、地獄のような苦しみに七転八倒しているという。それにしてもクイズ番組はなぜ人気なのか?
「何と言っても、数字が取れるからです。『羞恥心』を生んだ『ヘキサゴンII』(フジテレビ)がいい例
です。今、ドラマも野球も数字が取れませんからね」(テレビ局関係者)

そして、制作費の安さも見逃せない。
「ドラマ1本作るのに4000万〜5000万円かかるのに比べれば激安です。しかも、スタジオで撮る
からセット代も安い。収録も半日で済みますし、タレントのギャラも安い」(芸能ライター)

「ヘキサゴンII」では、司会の島田紳助ひとりのギャラが500万円で、ほかの18人のギャラの合計
が同じという説があるほど。とにかく、ドラマと比べて制作費が格段に安いことは確かなようだ。

ところで、芸能界におけるクイズのキング、クイーンといえば、辰己琢郎や麻木久仁子の名前が
すぐに浮かぶが、「Take2」の東貴博や伊集院光の健闘ぶりも目に入る。
「東は雑学に関する本をいつもそばに持っていて、休憩や移動の間に目を通しています。インタ
ーネットを使って、物事を調べることもあります」(芸能ライター)

女子アナ番組同様、しばらくはクイズ番組の天下が続くことは間違いなさそうだ。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/3663985/



posted by ココナツ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。