2008年06月05日

“過去の実績を考慮して” 野球とソフトの五輪競技への復帰支援を求めるも…ASOIFが否決

野球、ソフトへ支援をASOIFが否決

 夏季五輪国際競技連盟連合(ASOIF)は3日、アテネで総会を開き、国際オリンピック委員会(IOC)が
2016年夏季五輪の実施競技を決める来年10月のIOC総会では、復帰を目指す野球とソフトボールを
特別扱いせず、中立の立場を取ることを決めた。

国際野球連盟(IBAF)のシラー会長が、過去の実績などに考慮してASOIFが支援するよう求めたが、否決された。
IOCは05年の総会で野球、ソフトボールを12年ロンドン五輪の実施競技から除外することを決定した。
両競技にゴルフ、7人制ラグビー、空手、スカッシュ、ローラースケートを加えた7競技を新採用候補に挙げている。

ASOIFは夏季五輪で実施されている28競技の国際競技連盟で構成されている。(共同)

http://www.sanspo.com/sports/news/080603/spq0806031923013-n1.htm



posted by ココナツ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。