2011年07月30日

実在した銀行強盗ボニー&クライドの物語を映画化。『俺たちに明日はない』より史実に忠実になるもよう。

アーサー・ペン監督、ウォーレン・ベイティ&フェイ・ダナウェイ主演の傑作「俺たちに明日はない」(1967)で知られる、
大恐慌時代のアメリカに実在した男女2人組の銀行強盗ボニー・パーカーとクライド・バロウの物語が、新たに映画化
されることがわかった。

昨年出版された、ジェフ・グインの評伝「Go Down Together: The True, Untold Story of Bonnie and Clyde」が原作。
米Deadlineによれば、「マイレージ、マイライフ」の脚本家シェルダン・ターナーが脚色にあたり、監督として
「幻影師アイゼンハイム」「リミットレス」のニール・バーガーが交渉に入っているという。

ボニーとクライドは、30年代後半に米中西部で銀行強盗と殺人を繰り返し、最後は警官隊によって銃殺された。ボニーは23歳、
クライドは25歳だった。「俺たちに明日はない」は青春群像劇の趣きも強かったが、今回はより史実に忠実な内容になるという。

なお、約2年前からヒラリー・ダフとケビン・ゼガーズ主演で「俺たちに明日はない」をリメイクするという企画が進行中だが、
依然プリプロダクションの状態で、特に進展はないようだ。

http://eiga.com/news/20110727/16/

posted by ココナツ at 00:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

】「ハリー・ポッター」最終章、全米各誌で批評家が絶賛[11/07/13]

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の世界公開を直前に控え、
エンターテインメント・ウィークリー誌がアメリカの有名誌の映画評をまとめた記事を
掲載した。

辛口で知られるアメリカの批評家だが、シリーズ最終章となる今作には総じて肯定的だ。
「戦闘シーンは精巧かつ大胆に描かれているが、この映画のハートは、これまでの作品同様、
イギリスの名だたる名優たちが披露する親密な場面にある」(TIME)、
「J・K・ローリングの最終巻を前後編に分割するという決断は、はじめは金銭的な動機に
基づいていたと思われていたが、この作品で十分すぎるほど正当化された。
エキサイティングで、控えめにいっても波乱に満ちた壮大なフィナーレであり、これまでの
ファンのすべてを大いに満足させるだろう」(ハリウッド・レポーター)
などと絶賛している。

続きを読む
posted by ココナツ at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

アメリカ人のトランスフォーマー好きは異常、続編ダークサイドムーンが北米映画興行収入で1位を獲得

【7月12日 AFP】北米で公開中の映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(Transformers: Dark of the Moo
n)』が公開わずか2週間で、今年のこれまでの北米興行記録でトップに立った。米興行成績調査会社エグジビター
・リレーションズ(Exhibitor Relations)が11日に発表した数値から明らかになった。

 同作品の2週目の週末興収は4710万ドル(約38億円)。合計は2億6100万ドル(約210億円)に達し、『ハングオー
バー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える(The Hangover Part II)』を抜いて、今年の北米興行記録を更新した。

 週末の北米映画興行収入トップ10(中間結果)は以下の通り。
続きを読む
posted by ココナツ at 21:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ハリー・ポッター」好きなキャラクターランキング 1位は主役の3人ではなくセブルス・スネイプ

いよいよ10年の歴史に幕を下ろす映画「ハリー・ポッター」シリーズ。最終章「ハリー・ポッターと
死の秘宝 PART2」の公開を7月15日に控え、「ハリウッドチャンネル」モバイル版で実施された
「ハリポタ」人気キャラクター投票の結果が発表された。
 堂々の第一位になったのは、ハリーでもハーマイオニーでもロンでもなく、アラン・リックマン
演じるセブルス・スネイプ。回答数の21パーセントの支持を得てトップに立った。ホグワーツ
魔法魔術学校の教授である彼は、シリーズを通じて謎めいたキャラクターで、最終章でも
重要な役どころを担うキーパーソンだ。
 好きな理由としては、「とりあえず大好き。すべて好き。過去も好き。かっこよすぎ。
彼氏より好きw」「キャラが大好き、なにより一目惚れ。悪だろうが善だろうが好きには
変わりない」「不器用で悲しいくらい一途で勇敢で…そんなセブルスが愛しいです」と、
一途な愛が炸裂しているのが特徴。
続きを読む
posted by ココナツ at 21:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

『名探偵コナン』ゴールデンウイーク興行を制す…『レッドクリフ』などを圧倒的に引き離す・『GOEMON』は少し物足りない出足に

今年のゴールデンウイーク(4月25日〜5月6日)興行は
『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』が
圧倒的に他作品を圧倒的に引き離してトップとなった。
2位は『レッドクリフPartU-未来への最終決戦-』。
映画関係者の話を総合すると、同期間の総興行収入は、昨年を上回ったとみられる。
作品別の興収では、先月10日に公開された『レッドクリフPartU』が、
60億円以上を視野に入れてトップの見通し。同月18日公開の『名探偵コナン』は
32〜35億円前後が見込まれ、2位になることが濃厚だという。
続きを読む
posted by ココナツ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ「ハゲタカ」が遂に映画化!中国系巨大ファンド“赤いハゲタカ”にどう立ち向かうのか〜6月6公開

ドラマ「ハゲタカ」が遂に映画化!

徹底した合理主義で瀕死の企業を買収し、高い利益をあげる投資ファンドの
総称 “ハゲタカ”。2007年2〜3月、NHKで企業買収をめぐる男たちの野望、挫折、葛藤を描き、
放送批評懇談会が優れたテレビ番組に贈る「第44回ギャラクシー賞優秀賞」など、国内外で
数々の賞を獲得したドラマが、遂に映画化。6月6日(土)から、全国東宝系で公開される。
制作は読売新聞社ほか。
続きを読む
posted by ココナツ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。